情報化施工 施工情報を統合的に作成、管理、利活用し大幅な効率化をしていきます

ホーム> 情報化施工

  • 振動ローラー転圧システム
  • 振動ローラー転圧システム
  • TS出来高管理システム
  • ワンマン施工管理システム

バックホウマシンガイダンスシステム

バックホウマシンガイダンスシステム
オペレータはモニターに表示される設計とバケット位置(高さや勾配)の差を常に確認しながら作業ができ、正確な作業が行えると共に作業負担が軽減されます。
経験や感覚に頼っていた作業から、信頼性の高い確実な施工が実現します。丁張り設置もほとんど不要となり大幅にコスト削減できると共に、高効率な作業が可能になります。
株式会社ビッグバン ≫詳しくはこちら
レンタルはこちら


 

3Dマシンコントロールシステム

3Dマシンコントロールシステム
3次元設計データを入力する事により、丁張り(トンボ)を設置する事なく、複雑な施工箇所(カーブ、インターチェンジ等)でも、高精度でスムーズな施工が可能になります。
操作は、排土板(ブレード)の上げ下げ、勾配(チルト)調整を、フルオート制御が可能な為、熟練度に左右されない安定した施工を実現できます。また、新システム『3D−MC2スクエアー』での施工では、GPSを使用し、従来に無い【高速・高精度なコントロール】が可能になりました。
株式会社トプコン ≫詳しくはこちら ≫デモ動画はこちら レンタルはこちら

振動ローラー転圧システム

振動ローラー転圧システム
盛土締め固め管理システムでは、GPS又は自動追尾トータルステーションを用いて振動ローラーの位置を常時計測しますので、オペレータは運転席に設置したパソコンで転圧回数をリアルタイムに把握できます。
又、締め固め回数の分布図や走行軌跡図等の帳票作成が可能です。締め固め土の密度や含水比を計測する従来の「点」的な管理と異なり、面的な品質管理が可能です。
株式会社ビッグバン ≫詳しくはこちら 株式会社ニコン・トリンブル ≫詳しくはこちら

TS出来形管理システム

TS出来形管理システム
「トータルステーションを用いた出来形管理」とは巻尺・レベルを用いた出来形計測手法に代えて、「施工管理データを搭載したトータルステーション」により各出来形測定箇所の3次元座標を取得し、設計形状と出来形形状の較差を瞬時に把握・記録出来るシステムです。
また出来形帳票につきましてもトータルステーションから専用ソフトウェアに観測結果をデータで受け渡すことが可能なため自動帳票化が可能です。国土交通省直轄の道路土工および河川土工においては、2012年度より本格的な運用となる予定です。
株式会社ビッグバン ≫詳しくはこちら 株式会社ニコン・トリンブル ≫詳しくはこちら

株式会社ビッグバン ≫詳しくはこちら アイサンテクノロジー ≫詳しくはこちら

レンタルはこちら

ワンマン施工管理システム

ワンマン施工管理システム
RTKGPSや自動追尾トータルステーションと設計データを入れたデータコレクタでワンマン測量が行えます。3次元設計データをもとにした杭打ち、杭のチェック、現況観測などミスの少ない効率的な作業を行うことが可能になります。
株式会社ビッグバン ≫詳しくはこちら 株式会社ニコン・トリンブル ≫詳しくはこちら

レンタルはこちら

ホームページのリンクに関して

弊社のホームページへのリンクに関して特別な制限や契約等は必要ありません。
ただし、弊社の都合によるページの移動、消去等に影響するリンク不都合が生じた場合においては、弊社は一切の責任を負いません。
ご了承ください。リンクの設定をされる方は、以下の注意事項をご確認ください。

注意事項

page top