情報化施工(ICT)活用事例ユーザ様紹介

ホーム特集 情報化施行例> 福東株式会社様

イチケン

国交省福岡工事事務所 現場施工技術講習会開催される。
『TS/GNSSによる締め固め管理技術講習会』

平成23年2月1日 九州地方整備局福岡国道工事事務所主催にて国交省が普及を進めている情報化施工(ICT)の現場施工 技術講習会を開催。
講習会には建設業者50名の方が参加され福岡3号石坂地区改良工事で活躍中のトータルステーションを用いた 締め固め管理技術の施工状況の講習及び現場見学を実施されました。
工事担当者様より今回の工事は従来手法と違って『盛土を面的に管理することにより品質管理の向上、踏み残し防止』の 効果があり、TSによる転圧管理は有効であったと説明されておられました。


イチケン
技術講習会
福岡国道工事事務所担当官及び九州地方整備局工事品質管理官が出席され博多バイパスの工事概要説明が行われ、情報化施工(ICT)の有効性及び今後の取り組みについて説明されました。
引き続き福東蒲lより今回の現場ついての説明をされました。
  叶上洋行より使用機器の補足説明を致しました。

イチケン
石坂改良工事地区講習現場
現場では転圧システムの機器取付説明と実際に転圧作業を実演し、NETIS登録技術であるGP-Rollerシステムによる実際の動きを現場担当者様が説明されました。

イチケン
トータルステーション講習
Topcon自動追尾トータルステーションを使ってプリズム自動視準・追尾などを紹介。
TS出来形管理の活用について説明。

イチケン
現場講習
現場で転圧する様子をプロジェクターにタイヤローラ運転席のPC画面を映し出し転圧管理の様子を紹介。
映し出される運転席画面を皆様興味深そうに眺めて転圧管理状況を確認されました。

福東蒲lにおかれましては、現場ご担当者をはじめ皆様が、情報化施工(ICT)に対して積極的に取り組まれております。今後益々のご発展が、望める企業様です。
お問合わせ先

ホームページのリンクに関して

弊社のホームページへのリンクに関して特別な制限や契約等は必要ありません。
ただし、弊社の都合によるページの移動、消去等に影響するリンク不都合が生じた場合においては、弊社は一切の責任を負いません。
ご了承ください。リンクの設定をされる方は、以下の注意事項をご確認ください。

注意事項

page top